?

金井良輔展 no.60/彫刻・素描じょもなにま

1/14土~ 1/19木●1階●2階

縄文の装飾が弥生の実用の前にあったのは何故だろうという疑問が、中学生の私を悩ませた。なんとなく理解できるようになった今も、謎は深まるばかり。そこで、縄文をテーマに遊ぶことにした。ざっと2万年分の「ANIMA」を感じていただけるかもしれないし、より不可解さが増すかもしれない。くっつけてJOMONANIMA。まあ、今回はそのあたり?を見ていただければありがたい。(23)

   
   
142(H)×87(W)×40(D) 73×54
44×80×48
金井良輔展2004 金井良輔展2005
金井良輔展2006 金井良輔展2007
金井良輔展2008 金井良輔展2009
金井良輔展2010 金井良輔展2011
金井良輔展2012 金井良輔展2013
金井良輔展2014 金井良輔展2015
金井良輔展2016 金井良輔展2017
金井良輔展2018 金井良輔展2019
金井良輔展2020 金井良輔展2021
金井良輔展2022 金井良輔展2023

トップページに戻る | 神戸・トアギャラリーで行われた最近の展示会ご案内 | ▲このページの先頭に戻る